バッテリー容量で探す!電動アシスト自転車選びのポイント

バッテリー容量別 電動アシスト自転車選び

電動アシスト自転車選びではバッテリー容量も重要

NKY514B02電動アシスト自転車の価格はバッテリー容量によってかなり変わります。
バッテリー容量が小さなものはお安いですが、大容量バッテリーや乗ったまま充電ができる回生充電タイプの電動アシスト自転車はかなりお値段が高くなります。

電動アシスト自転車選びでは、目先の値段だけにこだわらず、充電池の交換なども考慮したうえで、バッテリーのサイズを決めることをオススメします。

バッテリー容量  1回のフル充電の
走行距離の目安
 こんな方におすすめ
特大(16Ah以上~)  約68km 長距離を走る人、毎日乗る人向け
大(13Ah前後)  約47km 子供を乗せる人、毎日乗る人向け
中(8Ah前後)  約31km 買い物などの日常使い
小(6Ah以下)  約24km 近距離中心、たまに乗る人向け
回生充電タイプ
(走行中に発電して充電ができる)
長距離を走る人、毎日乗る人向け

大きいバッテリーを搭載している電動アシスト自転車ほどお値段は高くなってしまいます。
電動アシスト自転車のリチウムイオンバッテリーは充電回数が増えるほど消耗してしまいます。
同じ距離を走行するなら、大容量バッテリーの方が次の充電までの期間が長いので、結果的に長く使用することができます。

お安いからといって、バッテリー容量の少ない電動アシスト自転車を購入してしまうと、頻繁に充電しなければならないので、手間がかかったり、自分のライフスタイルにあわせたバッテリー容量の自転車の購入して、適切なタイミングで充電することによって、長い目で見ればコスパのよい満足のできるお買い物になると思います。

電動アシスト自転車バッテリー一覧

タイトルとURLをコピーしました